« さーて、今回のほうしゅうは。 | トップページ | とうみん »

2006年9月15日 (金)

日本のしょくぶつはすごいす。

Gartenaugust2006_1 そして、今年の8月の様子を画像で送ってくれました。

お庭のバックには、その後、錆びた鉄板が立てられました。

お庭をつくるときから、出来あがったら鉄板を立ててかっこよくする、

といってたのですが、想像以上にシャープで、

鉄さびと高野槙のグリーンの対比もきれい。

金属などを使うと、うっかりすると冷たい感じになりそうですが、

日本の坪庭のように静かな空間が出来上がってます。

それも、日本の植物の持つ力なのかなぁと思ったり。

|

« さーて、今回のほうしゅうは。 | トップページ | とうみん »

「どいつやら」カテゴリの記事

「庭のおしごと」カテゴリの記事

コメント

まぁ~、親子の蛙さんたち、とってもかわいいですね。
生き物の背というのは人間も含め、なんか無防備で
かわいい気がします。
ちょっと前の記事の、獲物を担いだイエーガーさんの
写真は迫力ありましたが、これは癒し系ですね。

ところで
パップスさんがドイツに作ってらしたお庭もなかなか
すっきりしてていい感じすね。
見慣れた楓や槙がなんだか洗練されて見えます・・・
みなれた植物たちも違う環境に置いてやると案外また
別の表情を見せてくれるもんなんですね、、、。

投稿: 白椿 | 2006年9月17日 (日) 23時56分

白椿さん、コメントアリガトウゴザイマス!

槙などは日本とはまた違った仕立て方をしているせいか、
面白い表情を見せてくれていました。
同時に日本独特の雰囲気も持ち合わせているところが、あちらの人にも受ける理由なのかなと思ったりしました。
シャープでモダンでありながら、自然な形態というのでしょうか…

投稿: ヒライワタル | 2006年9月20日 (水) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153444/3444145

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のしょくぶつはすごいす。 :

« さーて、今回のほうしゅうは。 | トップページ | とうみん »