« さむいのに | トップページ | さすがすてきな樹でした »

2006年10月28日 (土)

ことしもぶじ

Img20061018_00011_2

去年植えた「紀伊上臈杜鵑杜鵑草」キイジョウロウホトトギスと読みます。

もともとは紀伊半島特産種で、レッドデータでは絶滅危惧種なんかに指定されてます。

増殖された苗が出回っていますが、東京など暑いところではなかなか栽培は難しいです。

今年は咲かなかったところもあるとかで、この株もついこの間までは花芽らしきものがなかったので「ことしはむりかなぁー」とも思ったけど、何とか無事咲いてくれました。ヨカッタヨカッタ。

黄色い花ということもあって、むかしは「ジョウロウ」だと思い込んでいました。ややこしい名前です。

「上臈(じょうろう)」とは貴婦人とか高僧とかいう意味だそうで、気品のある花の姿からそんな名前がついたんでしょうか。

|

« さむいのに | トップページ | さすがすてきな樹でした »

「やそうのこと」カテゴリの記事

「庭のおしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153444/3977859

この記事へのトラックバック一覧です: ことしもぶじ:

« さむいのに | トップページ | さすがすてきな樹でした »