« ウィンナー | トップページ | ゆきおこし »

2007年1月13日 (土)

早春の息吹を感じる草盆栽

Img20070113_00041_1

Img20070113_00020_1

「Pappus 野草の草盆栽教室」今回は『早春の息吹を感じる草盆栽』というテーマで芽吹きを愉しむことのできる野草や雑木を使った作品をつくりました。

前回のお教室でも早春に咲くミスミソウやバイカオウレンなどを植えましたが、今回も屋久島猩猩袴(ヤクシマショウジョウバカマ)、春竜胆(ハルリンドウ)それに節分草(セツブンソウ)といった早春咲きの可憐な野草たちを揃えました。

ショウジョウバカマは葉がロゼット状で、その葉の先に子苗ができることもある面白い性質をもったユリ科の野草。
ハルリンドウは二年草なので花が咲いたあとに種を採りまきしなくてはいけませんが、
そんな苦労も忘れさせてくれるくらいかわいい花を咲かせます。
セツブンソウは名前のとおり、節分の頃に咲くいわゆる「スプリングエフェメラル」のひとつです。
スプリングエフェメラルとは早春に咲き初夏には地上部が枯れて休眠する野草などのことで、「早春の瞬き」「春のはかないもの」なんて意味です。
カタクリやフクジュソウ、イチゲの仲間なんかもスプリングエフェメラルですね。

それらと一緒に植えた雑木はオトコヨウゾメ。
秋に赤いかわいらしい実をつけるガマズミの仲間ですが、ガマズミより線が細い感じが
好きなのです。
もちろん、オトコヨウゾメも赤いかわいい実を沢山つけ紅葉もきれいです。

今回のお教室では、器をいくつか用意して生徒さんに選んでいただきました。
同じ植物を使っても、器によって趣がちがいますね!

Img20070113_00030

セツブンソウが芽吹いてきました。
もうじき咲きそうです!
まさに早春の瞬きといった感じで、ちいさなちいさな姿でもハッとするような美しさなんです。


でも、絶滅危惧種Ⅱ類なんてのに指定されてます。
いつまでもそのちいさな姿を見られるように大切にしたいもんです。

|

« ウィンナー | トップページ | ゆきおこし »

「やそうのこと」カテゴリの記事

「草盆栽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153444/4912930

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の息吹を感じる草盆栽:

« ウィンナー | トップページ | ゆきおこし »