« ぞくぞく | トップページ | ごふん »

2009年4月 5日 (日)

つばめ

前回の記事では春の花をいくつか紹介しました。
で、「明日は今咲いているツバキをご紹介予定・・・」
なんて書いていましたが、気がつけば4月に入ってしまいました・・・
前回色があがりはじめてたモモも今はすっかり満開のようです。

おとといは、今年初めてのツバメが電線に止まってせわしく鳴いていました。

で、いろいろな種類が咲いてましたが、
その中でいくつかのツバキをご紹介です。

Img20090312_00050_2

まずは「蝦夷錦(エゾニシキ)」デス。
絞り咲きで華やかなのに品がある咲き方の花できれいです。
エゾニシキなどの江戸の頃からの古典品種は探すのに苦労するものも多く、
移植ができるものは特になかなか見つからないです。
この樹もかなり年数が経った立派な樹でした。
やはり移植するのが心配で、実際植えつけて2年ほどは
調子が悪くなり心配でしたが、養生していたら
年々少しずつ回復してくれて、今年はたくさんの花芽をつけてくれました。
Img20090312_00049

お次は
「卜半(ボクハン)」と「紅卜半(ベニボクハン)」です。
これも今年はたくさん咲いています。

Img20090312_00035 Img20090312_00056

これは「六歌仙(ロッカセン)」
花によって白い斑の入り方が違って、面白い花。
どちらかといったらサザンカに近い仲間のようです。

Img20090312_00043

純白の花を咲かせる「袖隠(ソデカクシ)」
これは去年に続き、枝がしだれるほどいっぱいに咲いていました。

Img20090312_00067

|

« ぞくぞく | トップページ | ごふん »

「いきもののこと」カテゴリの記事

「きのこと」カテゴリの記事

「庭のおしごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/153444/28973685

この記事へのトラックバック一覧です: つばめ:

« ぞくぞく | トップページ | ごふん »